スポーツチーム総合保険・お支払い内容

スポーツチーム総合保険

  • 主な特長
  • お支払い内容
  • 加入資格

 

保険金をお支払いする主な場合

ご自身の傷害(ケガ)
(傷害補償条項)
もし、プレー中にあなたが大ケガをしたら…

チーム管理下中の練習や試合中およびそのための往復中や合宿中・遠征中にボールがあたったり、転倒したりしてチームメンバーがケガをしたときにご契約金額を限度として、次のとおり保険金をお支払いします。
  • 死亡保険金/事故の発生の日からその日を含めて180日以内に死亡された場合に、死亡・後遺障害の保険金額の全額(既に支払われた後遺障害保険金がある場合は、その額を差し引いた額)をお支払いします。
  • 後遺障害保険金/事故の発生の日からその日を含めて180日以内に、身体に後遺障害が生じた場合に、後遺障害の程度に応じて、保険金額の4%〜100%をお支払いします。ただし、保険期間(保険のご契約期間)を通じ合算して保険金額が限度となります。
  • 入院保険金/ケガを被ったことにより、入院された場合等に、入院日数に対して1日につき 入院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日を限度とし、 180日を経過した後の入院に対しては、保険金をお支払いできません。
  • 通院保険金/ケガを被ったことにより、通院された場合に、通院日数に対して、1日につき 通院保険金日額をお支払いします。ただし、事故の発生の日からその日を含めて180日以内の 通院に限り、90日間を限度とします。
賠償損害
(賠償責任補償条項)
もし、練習中に打ったボールで道路通行中の人に ケガをさせてしまったら…

チーム管理下中の練習や試合中およびそのための往復中や合宿中、遠征中に誤って、他人にケガをさせたり、他人の物を壊したりしたため、チームメンバーが負担する法律上の損害賠償につき、次の保険金をお支払いします。
(1)損害賠償金
(2)損害防止費用
(3)権利保全行使費用
(4)緊急措置費用
(5)協力費用
(6)争訟費用

(注1)
賠償金額の決定については、事前に引受保険会社の承認が必要です。
(注2)
被害者側に過失がある場合などは、過失相殺などにより被害者側の損害額に比し、保険金が少なかったり、まったくお支払いできないことがあります。
なお、法律上の損害賠償責任が発生しない場合、チームメイト以外の対人事故については「見舞費用」の支払対象となります。
見舞費用
(見舞費用補償条項)
もし、プレー中に相手チームのプレイヤーにケガをさせてしまったら…

チーム管理下での試合中にチームメンバーがチームメイト以外の他人(相手チームのメンバー、審判員、観客など)にケガをさせた場合、法律上の賠償責任が発生しないのが一般的です。この様な場合に慣習として支払う見舞金(弔慰金を含みます)として、保険金をお支払いします。 (事前に引受保険会社の承認が必要です)

このページの先頭へ